読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

可変長固定長

IT関係の話題が中心

アイコスの電池寿命を少しでも延命させる方法

雑記

IT業界に喫煙者は多い。プロジェクト進行中は常に進捗状況に追われ、膨大な課題と無理難題な顧客要望に忙殺される。

 

やっとの事で本番リリースを迎えたところで障害が発生すると、また帰れない日々が続く。常にストレスフルな状態で仕事を進めていかなければならないからだ。

 

 

 

10分のタバコ休憩が心の拠り所

そんななか、タバコ休憩は精神を休めてくれる。少しの時間だけでも休息はとるべき。私もタバコ自体はできれば吸いたくないが、リフレッシュのためにタバコ休憩を取り入れている。

 

最近人気のアイコスに変えた。ぱっと見はモバイルルーターにしか見えないこのアイコス。タバコの臭いがつかない、臭くない、ふつうのタバコよりは健康に被害が及ばないらしい。ミーハーな私はかれこれ一年近くこのアイコスを愛用している。

 

 

どうやらアイコスの電池が寿命らしい

公称ではアイコスチャージャーは400回、アイコスホルダーは7300回の充電回数が可能と記載されている。一年近く利用しているため、どうやらホルダーの電池の寿命がきたみたいだ。

 

充電しても赤ランプが点灯し、スティックを加熱してくれない。またホルダーをチャージャーにさして、スティックをいれなおす。これを三回くらい繰り返してようやく吸える。

 

これではストレス解消どころか逆にストレスがたまってしまう。買い換えようにも人気のためか在庫不足で手に入らない。

 

連続で吸うとうまくいく

ということに気付いた。どうやら冷え切ったヒートブレードを加熱するには結構な電力が必要らしい。二本目からは一本目の加熱のためか、ある程度余熱されているので連続で吸うと赤ランプにはならない。

 

最初の一本目もどうにか赤ランプを回避したい。そこで、チャージャーの電源ボタンの上にあるクリーニングボタンを押す。すると、クリーニングランプが点灯し、ヒートブレードを加熱してくれるみたいだ。

 

電池寿命がきたらクリーニングボタンを押そう

クリーニングボタンであらかじめヒートブレードを加熱することで、赤ランプを回避できる。これでスティックの電柱寿命が近づいても、まだまだ使えるようになることがわかった。

 

とはいっても、一本あたり吸える回数は少し減った気がする。チャージャーもホルダーも一年程度しかもたないため、はやく在庫不足をはじめとする解消してもらいたいところ。